虫歯ができるメカニズム!エナメル質を修復できる歯磨き粉って?

虫歯になる仕組みってどんなの?

 

歯を毎日磨く理由には複数あるかと思いますが、一番大きな理由は『虫歯になりたくないから』ですよね。

 

 

でもどういった仕組みで虫歯ができるか知っていますか?

 

 

歯を磨かなければ虫歯になる・・・それは知っていても、虫歯に関するメカニズムをとっさに説明できる人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

 

今回はこの『虫歯』ができるまでの流れと、有効な歯磨き粉の特徴について解説してみたいと思います。

 

口の中の『ミュータンス菌』が一番の原因

 

人間の口の中には、ほとんどの場合『ミュータンス菌』と呼ばれる虫歯の原因菌が潜んでいます。

 


※ウィキペディアより抜粋

 

この菌は歯磨きをする程度では完全に取り除くことは不可能で、赤ちゃんの頃に母親から感染するパターンがほとんどです。

 

 

このミュータンス菌は、口の中に入ってきた食べ物である『糖』が歯に付着するのをじっと待ち続けています。

 

 

そして、歯に糖が付着した状態で唾液の量が減る就寝時間に特に活発に活動し始めます。

 

 

歯に着いた糖は『プラーク』と呼ばれる歯垢(しこう)の状態になりますが、このプラークを分解して酸を作り出し、歯の表面を少しずつ溶かしていくのです。

 

 

この状態が虫歯の始まりです。

 

唾液の再石灰化とミュータンス菌の脱灰の戦い

 

ミュータンス菌によって作り出された酸が歯の表面の『エナメル質』を溶かしていく現象を『脱灰(だっかい)』と言います。

 

 

この状態が進行することで虫歯になってしまいますが、口の中もただ黙ってミュータンス菌の行為を放置したりはしません。

 

 

基本的『唾液』には、歯の表面のエナメル質を補修する働きが備わっており、常に虫歯を予防する効果を発揮してくれています。

 

 

また、酸によって溶けそうになるエナメル質を中和するために唾液は常にアルカリ性の状態を保っているのです。

 

 

つまり、この唾液の働きにもかかわらずミュータンス菌の作り出す酸が大量に出て、エナメル質の修復が追いつかなくなることで、黒い虫歯となって神経まで侵食し、痛みが出るようになるのです。

 

虫歯に対する一番の習慣はやはりブラッシング

 

そんな虫歯に対する一番の予防策は、やはり入念なブラッシングになります。

 

 

歯についたプラークは、約24時間程度で成熟した状態となり、そのプラークを餌にしてミュータンス菌が酸を作り出します。

 

 

ですのでその前にプラークを取り除くことで原因を取り除くことができ、虫歯を根本から予防することができるのです。

 

 

もちろん、そもそも『糖』を摂取しないという方法も手段の1つとしては正解ですが、砂糖の入った飲料水や食べ物はあちこちにありますから、それらを意識的に避けて生活するのはほとんど不可能ですし、逆にストレスになってしまいます。

 

 

ただ、長時間かけてダラダラと甘いものを食べるのは避けた方がいいことを覚えておきましょう。

 

唾液の再石灰化をサポートする歯磨き粉選びが重要!

 

唾液の働きは非常に優秀で、酸をアルカリ性で中和して中性にする働きと、エナメル質を修復する再石灰化の2つの効果を持っています。

 

 

ただ、夜の寝ている間などの唾液が少なくなる時間に関しては、この効果が期待できなくなるので、『夜にはしっかり歯を磨くようにしましょう!』と私たちは子供の頃からしつけられてきました。

 

 

この唾液の働きのうち、エナメル質を補修する効果を持っている歯磨き粉も数多く販売されていますが、特におススメなのは『薬用ハイドロキシアパタイト』が配合された歯磨き粉です。

 

 

歯の表面のエナメル質の97%は『ハイドロキシアパタイト』で構成されています。

 

 

つまり、薬用ハイドロキシアパタイトによって、唾液と同じように歯の表面を修復することで、虫歯をさらに予防できるだけでなく、歯垢の吸着も予防してくれる効果が期待できるのです。

 

 

薬用ハイドロキシアパタイトによる歯の表面の石灰化は、実際に試験で確認されており、200人近い小学生を対象に3年間、この成分が入った歯磨き粉を使わせた結果、そうでない歯磨き粉を使った児童よりも虫歯によって溶かされる部分が少ないことが分かりました。

 

『薬用ハイドロキシアパタイト』配合の歯磨き粉は『薬用オーラパール』がオススメ

 

薬用ハイドロキシアパタイトが配合された歯磨き粉の中でも、特にオススメしたい歯磨き粉として『薬用オーラパール』があります。

 

 

この歯磨き粉は基本的にはホワイトニング専用の歯磨き粉として一般販売されていない商品ですが、あの風邪薬『ジキニン』を販売している全薬工業株式会社が開発した、信頼性の高い歯磨き粉です。

 

 

歯の表面を修復する効果の他、歯の黄ばみを溶かしてくれる成分や歯茎の炎症は出血を抑える成分、そして口臭の原因菌である悪玉菌を殺菌する成分など、口の中のあらゆる問題にアプローチできる歯磨き粉に仕上げっています。

 

 

また、一般の歯磨き粉に多く含まれている『研磨剤』も一切含まれておらず、歯の表面を傷つけることなく滑らかな表面に仕上げてくれます。

 

 

目に見えるホワイトニング効果の実感までは、約2ヶ月程度かかると言われていますが、習慣化された歯磨きを実践するだけなので、継続のストレスは少ないと思います。

 

 

値段は一般の歯磨き粉に比べたら高いと思うかもしれませんが、それでも現在60万本も販売されており、10年近くの歴史のある歯磨き粉なので選んでみる価値は十分にあると思いますよ^^

 

薬用オーラパールの購入者口コミと効果についてはこちら