オーラパールで歯周病の予防がしっかり可能なのか?

歯周病で悩んでいる人でもオーラパールは効果があるの?

 

 

歯周病について、あなたはどのくらい知っていますか?

 

 

調べてみて驚きましたが、歯周病は日本人の約80%がかかっていると言われています。

 

 

また一言に歯周病と言ってもさまざまな症状があり、中には自分が歯周病だということにも気付かずに生活している人も少なくありません。

 

  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯がグラグラする
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 歯並びが悪くなった
  • 冷たいもので歯がしみる
  • 歯が長く見えるようになった

 

今回は、ホワイトニング専用の歯磨き粉“オーラパール”が歯周病にも効果的なのかどうか調べてまとめてみましたのでご紹介いたします。

 

 

歯周病の原因とオーラパールの対策

 

歯周病は、歯と歯ぐきの間の隙間(歯周ポケット)に歯垢が溜まることで細菌が繁殖し炎症を起こさせることで生じます。

 

 

なので、基本的には歯周ポケットのブラッシングがしっかりと行き届いていれば、歯周病にかかることはないのですが、多くの人は全ての歯の完璧な歯垢の除去と言われても難しいというのが現実ですよね。

 

 

オーラパールには歯周病が原因で腫れてしまった歯ぐきの炎症を抑えたり出血を止めたり、たるんだ歯ぐきを引き締めたりと、多様な成分の効果がサポートしてくれます。

 

  • 塩化ナトリウム
  • 収れん作用が働き、歯ぐきを引き締める

  • グリチルリチン酸
  • 歯ぐきの腫れをと赤みを抑える。砂糖の30倍以上の甘みを持つ成分

  • ε-アミノカプロン酸
  • 歯ぐきの炎症を抑える効果と止血効果がある。

  • 塩化リゾチーム
  • 消炎作用で歯周病を予防できる

 

これらの成分の働きは、ホワイトニング効果口臭予防効果合わせて発揮される効果なので、どれだけオーラパールが高品質な歯磨き粉なのかが理解していただけると思います。

 

 

歯ぐきの分解を止める成分も配合

 

健康な歯ぐきの60%はコラーゲンでできているって知っていますか?

 

 

歯周病による歯ぐきの炎症は、このコラーゲンが分解されることで徐々に発生する症状とされています。

 

 

そこで、オーラパールの中には2種類のアミノ酸である“セリン”“アスパラギン酸”が含まれており、それぞれの成分がコラーゲンの合成を助ける働きで、コラーゲンの分解を抑える効果があることが、最近の研究で分かりました。

 

  • セリン コラーゲンの合成を助ける
  • アスパラギン酸 コラーゲンの分解酵素の作用を抑える

 

歯ぐきに対するケアも、ここまでくれば万全ですね。

 

 

白い歯とピンクの歯ぐきで完璧な口内環境を

 

基本的にオーラパールはホワイトニングに特化した歯磨き粉ですが、ホワイトニングに特化した歯磨き粉は他にもたくさん種類がありますよね?

 

 

しかし歯周病予防や口臭予防に、ここまで力を入れて作られた歯磨き粉はそこまで多くは無いと思います。

 

 

実際に使用した人たちの口コミを見ても、その効果は明らかです。

 

 

是非これまで使ってきた歯磨き粉を見直してみるきっかけにされてみてはいかがでしょうか?

 

page top