オーラパールは研磨剤無使用!でも、どうやって白くなるの?解説!

研磨剤って何だっけ?

“研磨剤”という成分を知っていますか?

 


※ウィキペディアより抜粋

 

一般的な歯磨き粉にほとんど含まれているこの研磨剤は、歯の表面の歯垢(しこう)やステインを落とすために入れられることが多く、ステインを落とす力が強いことからもホワイトニング効果があると言われています。

 

 

しかしその反面、名前の通り歯を“研磨”するわけですから細かな傷が歯についてしまうことは避けられません。

 

歯の表面にできたミクロの傷

 

歯の表面のエナメル質を傷つけてしまうと、場合によってはその下の象牙質の露出で知覚過敏を招いてしまう可能性もあります。

 

 

また、歯の表面が小さいながらもデコボコすることで、汚れが付きやすくなり逆にステインの付着を加速させることもあるのです。

 

 

トドメはこの研磨剤、虫歯を予防する力は一切無いことがわかっており、歯医者さんでも研磨剤なしの歯磨き粉をお勧めされるくらいです。

 

研磨剤の成分表記には直接“研磨剤”とは書かれておらず、“炭酸カルシウム”や、“清掃剤”などと書かれているので、お使いの歯磨き粉をチェックしてみてください。

オーラパールには含まれてるの?

 

結論から言いますと、オーラパールには研磨剤は一切使用されていません。

 

 

なぜならオーラパールは研磨剤を使わなくてもホワイトニングが実感出来る成分が入っているからです。

 

 

それは、“薬用ハイドロキシアパタイト”という成分の効果で、歯の表面の細かな傷に入り込み、窪みを修復して表面をツルツルにしてくれる成分なんです。

 

 

 

この薬用ハイドロキシアパタイトは、歯の表面の30〜50ナノメートル(1ミリの100万分の1程度の大きさ)の傷にまで入り込むほど細かな粒子なので、目に見えない微細な傷の表面まで入り込む事ができます。

 

 

オーラパールの販売元である「全薬販売株式会社」では、薬用ハイドロキシアパタイトに7日間浸した歯を元に実際に実験を行っており、歯の表面の傷の修復効果を確認しています。

 

 

研磨剤や食事が原因で付いた細かな傷をコーティングするように修復してくれるので、月日が経てば経つほど目に見える自然な白さとして実感出来るようになってきます。

 

オーラパールはホワイトニングだけじゃ無い!9つの効果

 

オーラパールによるホワイトニング効果は、数日や数週間で実感出来るものでは無いということを知っておいてください。

 

 

口コミでも多いのですが、大体2ヶ月程度経ってから「白さが目に見えて違ってきた!」という意見が多い傾向にあります。

 

 

ではそれまでは普通の歯磨き粉と変わらないの?と言うと、そういう訳でもありません。

 

 

実はオーラパールには歯ぐきのケアに特化した成分が4種類も含まれている上、口臭予防に効果の期待できる成分も2種類配合され、それらによる高評価の口コミが非常に多いのです。

<公式ページで紹介されている効果>

  • ホワイトニング効果
  • 歯周病を予防する
  • 初期虫歯を予防する
  • 歯茎を引き締める
  • 歯茎の腫れ・赤みを抑える
  • 歯茎を整える
  • 歯の黄ばみを除去する
  • 歯垢を除去する
  • 口臭を予防する

 

オーラパールに研磨剤は含まれているの?まとめ

 

オーラパールには研磨剤は含まれていないどころか歯を修復しながらホワイトニングでき、それだけではなく、歯ぐきのケアや口臭予防までこなす万能型の歯磨き粉です。

 

 

研磨剤が含まれていないだけ、の歯磨き粉なら他の商品でも十分ですが、これだけ数多くの効果を1本にまとめたホワイトニング歯磨き粉はほとんど無いと言っていいと思います。

 

 

歯医者で行うホワイトニングと比較してもかなり安くで行えるので非常にオススメできる歯磨き粉ですよ!

 

薬用オーラパール購入者の口コミついての記事はこちら