歯周病ってどんな病気?原因と対策とは?

歯周病について調べてみた

 

歯周病という言葉はよく耳にしますけど、具体的にどんな病気なのか?って意外と知らなかったりしませんか?

 

 

歯周病というのは歯の歯周ポケットに歯垢(しこう)が蓄積し、それが原因で菌が繁殖し炎症を引き起こす病気です。

 

 

結果、炎症から歯周ポケットの色が濃い赤色になっていき、時間が経つにつれて下に下がってきてしまいます。

 

 

厄介なのが、歯周病のこれらの炎症はほとんどは痛みがないので放置してしまう可能性が高いということです。

 

 

『私は歯周病じゃないから今は心配いらないか・・・』と思ってしまう人は多くいると思うのですが、実は現代人の80%が歯周病にすでにかかっている!というデータもあるようですよ?

 

 

歯周病が重症化すると、次第に歯がグラつくようになり、最終的には抜け落ちてしまうという最悪のケースになってしまう・・・これが歯周病の恐ろしい流れになっています。

 

 

そんなことになる前に、少しでも歯周病のことについて知っておくことが大切です。

 

ちゃんと治せるんだよね?

 

歯周病は昔は”不治の病”と言われた時代もありましたが、現在では全くそのようなことはなく、正しいブラッシングと治療を併用する事で完治することができます。

 

 

信頼できる歯科医師を受診することが、対策として最も安心かつ確実だとは思いますが、どうしても行きたくないという人もいますよね?

 

 

安心してください。最近は歯周病対策として様々な殺菌作用の成分が含まれている歯磨き粉やマウスウォッシュが多く販売されているので、歯科に行かなくても自分で歯周病を治療できるレベルにまで環境は整っていると言えます。

 

まずはしっかりとしたブラッシングから

 

もし歯周病の進行が進み、非常に重症化してしまったとして歯科を受診したとしても、まずはブラッシングによる基本治療からスタートします。

 

 

自分で歯周病を予防したい!と考えている人はまずは意識した上での丁寧なブラッシングを心がけるようにしましょう。

 

 

ブラシの先端が歯周ポケットに入り込み、歯垢に触れて掻き出すように歯ブラシを動かすのがコツです。

 

 

重症化しておらず、歯ぐきの軽い炎症だけで済んでいる歯周病であれば、継続した歯磨きと丁寧なブラッシングで完全に治す事は十分に可能です。

 

毎日の歯磨き粉と歯ブラシを見直そう!

 

歯周病に悩んでいるのでしたら、毎日使っている歯磨き粉と歯ブラシを新しいものに変えた方が早く効果を実感できるでしょう。

 

 

格安の歯磨き粉だと、歯周病の炎症を抑える成分が配合されていなかったり少なかったりする可能性がありますし、ブラシが安物だと毛が開ききっていてて先端が歯垢に届いていないケースもあるからです。

 

 

購入する際には歯周病に特化した宣伝をしている歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

 

今回のまとめ

 

歯周病は、歯ぐきの炎症だけと思っている人も少なくありませんが、実はそれが原因で口臭がキツくなったり、冷たいものがしみる知覚過敏になったりなど、歯周病が原因で引き起こされる症状も少なくありません。

 

 

健康な歯ぐきは1日で手に入るものではないので、悩んでいる人は歯磨き粉とブラシの使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

 

歯周病に特化したおススメ歯磨き粉“オーラパール”