歯の黄ばみの原因と対策!おススメの歯磨き粉の成分って何?

何が原因で歯が黄ばんでしまうの?エナメル質と歯磨き粉の関係

 

歯が黄ばんでしまうと人からの見た目の印象がよくありませんし、歯が汚い人を見ると生活習慣まで歪んでいるかのような気がしてしまいますよね・・・。

 

 

丁寧なブラッシングでもなかなか消えてくれないあの歯の『黄ばみ』

 

 

その原因が何であるのか?今回はまとめてみました。

 

やはり疑うべきは食生活などの生活習慣か?

 

歯の黄ばみの原因として一番イメージが強いのは、やはり『タバコ』による着色汚れではないでしょうか?

 

 

タバコを頻繁に吸う人なら当然タバコが原因であることは明白ですが、実は一般の食事でも十分に着色汚れの原因になり得ます。

 

 

現代の食生活において、歯に着色する可能性の高い食べ物には以下のような種類があることが分かっています。

  • 紅茶・コーヒー
  • チョコレート・ワイン・グレープジュース
  • 醤油・カレー・ソース・ケチャップ

 

これらの食事による歯の着色は、ほとんどの場合は避けられないものばかりですよね。

 

 

毎日これらの着色の原因を大量に食事に含んでいるのであればある程度の対策は可能ですが、普通の生活をしている中でこれらの食事制限をするのはあまり正しいとは言えません。

 

歯の表面の細かな傷へのアプローチ

 

歯の表面には、目に見えない細かな無数の傷が存在していることがあります。

 

 

普通は唾液に含まれている成分のおかげで、歯の表面は再石灰化し表面のエナメル質は常に修復する作用が働いているんです。

 

 

しかし、毎日使用している歯磨き粉に研磨剤が含まれていたり、もともと虫歯の原因菌である『ミュータンス菌』が多い口内環境であると、この唾液による再石灰化が追いつかなくなり、表面の滑らかさが失われていきます。

 

 

その結果光の反射が『乱反射』し本来の自然な白さが失われて、くすんで見えてしまうことがあります。

 

 

これには黄ばみへのアプローチは何の意味もありませんから、エナメル質を修復するための別の方法を探すしかありません。

 

歯の色はエナメル質の色ではなく、基本は『象牙質』の色


※歯の辞典「オーラルペディア」より抜粋

 

歯は異本的に乳白色をしていますが、これは歯の表面のエナメル質の色ではなく、その内部の『象牙質』という部分の色が透けて見えているだけなんです。

 

 

つまり、エナメル質を直接着色するなどの方法でない限りは、基本的に歯の色は象牙質の色によって左右され、それ以上の白さは引き出すことはできません。

 

 

でえので、着色料を使ったホワイトニング手法を取らない限りは、白さを引き出す方法としては、『着色汚れを落とす』か、『エナメル質を修復する』方法の2種類が、自然な白さを引き出す一番の方法と言えます。

 

自然な白さを引き出すためには毎日使っている歯磨き粉を見直そう

 

歯磨き粉には実に様々な種類がありますよね。

 

 

普通の人のイメージとしては、1本400円以下で買えるようなものが歯磨き粉というイメージだと思うのですが、市販の歯磨き粉には歯の虫歯を予防し、歯の着色を取り除いたりするために実に大量の成分が含まれています。

 

 

その中には一部、『発がん性』『味覚障害』を引き起こすような成分も含まれていることが多く、それらを全く含んでいない歯磨き粉は発見するのが難しいくらいというのが現実です。

 

 

また、種類によっては黄ばみや汚れを落とすための成分として『研磨剤』が含まれているものもあります。

 


※ウィキペディアより抜粋

 

この成分は歯の表面を削るようにして汚れを落とすという種類のもので、それだと表面に無数の傷が付いてしまい表面の滑らかさが失われてしまいます。

 

 

『歯磨き粉の値段というのは400円程度のもの』という常識がある現代の多くの人には受け入れ難いかもしれませんが、多少値段が高くても歯や人体に悪影響の少ない成分を配合した歯磨き粉を選ぶようにましょう。

 

 

そうすればその後、何十年も続く歯磨きの習慣を安心して害無く行うことができますよ。

 

エナメル質補修に特化した安全性の高いオーラパールがおススメ!

 

エナメル質を修復する作用のある成分というと、最も一般的に使われている成分に『フッ素』があります。

 

 

『フッ素の含有の歯磨き粉を選びましょう!』という宣伝も多くされているので、知っている人は多いと思います。

 

 

しかし、最近の研究ではフッ素による発がん性や、子供のADHDの発症、アルツハイマーの促進作用など、害となる作用があることが少しづつ分かってきました。

 

 

それとは別に、新たなアプローチで歯の表面を修復することができる成分として『薬用ハイドロキシアパタイト』があります。

 

 

この成分もフッ素と同じように歯の表面のエナメル質を修復する作用があるので、自然な白さを引き出してくれる成分として期待できますし、人体に馴染みやすく安全性の高い成分なので、フッ素よりも安心して選ぶことができます。

 

 

『薬用ハイドロキシアパタイト』についての解説動画がYoutubeにありましたのでご覧ください。

 

 

薬用ハイドロキシアパタイトを含む歯磨き粉は数多く販売されていますが、特におススメできる歯磨き粉は、あの風邪薬『ジキニン』を開発した全薬工業から販売されている『薬用オーラパール』です。

 

 

オーラパールはホワイトニング手法として薬用ハイドロキシアパタイトをしっかり採用しており歯の表面をしっかり修復できるほか、歯周病対策として歯茎の炎症や出血の改善が期待できる成分『塩化リゾチーム』を日本で初めて同時配合した歯磨き粉として10年近くも販売され続けてきました。

 

 

また、それらの効果の他にも口臭予防対策を含む合計9つの効果が期待でき、現在60万本以上も販売実績がある歯磨き粉になっています。

 

 

オーラパールは歯の修復だけでなく、黄ばみの原因も除去できる万能型

 

基本的には薬用ハイドロキシアパタイトの修復作用で歯を白くするオーラパールですが、それ以外にも歯の黄ばみに直接作用し、表面の黄ばみを溶かしてしまう成分として『マクロゴール400』という成分が配合されています。

 

 

つまりオーラパールなら、歯の黄ばみを除去しながら表面を修復する作用が働くので、自然とエナメル質本来の白さを取り戻すことができることになります。

 

 

なので黄ばみを除去してホワイトニングしたい!とお困りの方はホワイトニング専用歯磨き粉オーラパールが一番おススメですよ^^

 

薬用オーラパールの購入者口コミの記事はこちら